石川鷹彦さん特集 アコギマガジン17

アコギマガジン17 2003年8月 プレイヤー直伝 アコギの管理方法教えます 石川さんのアコギ管理術が語られています。フラットピックはそれまではマッケイブスのピックを障害していましたがオリジナルピックに変更されています あと買ったらナットの溝を削るという石川さんのこだわりも 前回記事と合わせてほぼ同じ石川…
コメント:0

続きを読むread more

石川鷹彦さん特集 the Acoustic Guitar3 1995年4月20日

the Acoustic Guitar3 1995年4月20日 石川さんを含めたプロギタリストたちがかなり細かいアンケートに答える企画 ギターの選び方から弦、ピック、エフェクター、右手の爪、弾き方、レコーディング、ライブ、お薦めアルバム、ギタリスト、プロとアマの違い などについて詳細に語られています 石川さ…
コメント:0

続きを読むread more

石川鷹彦さん特集 『Martin Players' TIME 音に導かれた旅』

『Martin Players' TIME 音に導かれた旅』 2013年5月15日発行 創業180周年を迎えたマーティン社。世界中で愛され続けているマーティンギターの魅力を多面的に掘り下げています。 マーティンを愛するアーティストの豪華インタビューや対談となっています インタビューに石川さんの名前はありませんが、森山直太朗…
コメント:0

続きを読むread more

石川鷹彦さん特集 『guitar life』1977年秋号

『guitar life』1977年秋号 石川さんの当時のギターコレクションが掲載されています しかし記事は結構デタラメでD-45が68年製のハカランダと書いてあったり、エピフォンについては10年前になくなった会社と書かれていたり(僕の所持してるエピフォンは69年製)当時のギターに関する情報や確認が不正確だったのが伺える…
コメント:0

続きを読むread more

石川鷹彦さん特集 2006年のクロサワ楽器新大久保本店

2006年10月 昔の新大久保クロサワ楽器本店の階段にあった石川さんの写真ポスター 以前紹介したマーチンクラブジャパンの会報誌のもの 太田裕美さんと玉置浩二さんに挟まれて… しかし16年で新大久保もすごく変わってしまったらしい(最近行ってない) 新大久保の想い出はありますか?
コメント:0

続きを読むread more

石川鷹彦さん特集 『ACOUSTIC GUITAR MAGAZINE 2』 1999年11月30日

『ACOUSTIC GUITAR MAGAZINE 2』 1999年11月30日 アコギマガジン季刊化してからの第2号 クラプトンのアンプラグドがヒットしたおかげでこうしたアコースティックギターの雑誌が出てきた頃で、石川さんもWORDSを出していて、アコギファンが戻ってきた頃の記事 この頃石川鷹彦の仕事というのがもう…
コメント:0

続きを読むread more

石川鷹彦さん特集 『アコースティックギター入門』

『アコースティックギター入門』 1996年9月1日発行 もちろん加藤和彦さんとやったNHK趣味百科のテキストです 暴投のエッセイで誰の影響で何が弾けるようになったか?が詳しく語られています。登場するのはキングストントリオ、ブラバースフォア、PPM.サイモン&ガーファンクル、CSNY、ジェイムステイラーなどで、そこからス…
コメント:0

続きを読むread more

石川鷹彦さん特集 FOLK DAD!

『FOLK DAD』 2007年9月、実業之日本社から発売。 フォーク居酒屋の人たちと楽器屋でギターを弾くという企画 石川鷹彦がアドバイス 人気フォーク居酒屋代表がアコギ5ブランドをチェック こんな企画がよく通ったなという愉しいページ たまには楽器屋巡りもしたくなる気分になります あぜ丸はフォ…
コメント:0

続きを読むread more

石川鷹彦さん特集 番外編 弾き込めばギターは鳴るのか?

番外編 Facebookで修理が終わったギターをアップしたら弾きこめば音が良くなる。ケースにしまわずに外に置いておけば音が良くなるという意見が寄せられました。 石川さんはほぼチューニングしっぱなしで立てかけてあり、それで共鳴して鳴るとも言っています しかーしあぜ丸は経験上それは微妙な範囲だと思っています …
コメント:3

続きを読むread more

石川鷹彦さん特集 アコギマガジン30号

コレクター癖がありアコースティックギターマガジン とアコースティックギターブックはずっと買い続けています 石川さんの昔の代表曲はアコギマガジン30号に掲載されています レコーディングはほぼアドリブでしており、スケールの確認と指使いを覚えることが一番近づく感じがします 完全コピーをしても意味はないというのがあ…
コメント:0

続きを読むread more

石川鷹彦さん特集番外編 点検修理したギターたち

足掛け2か月かけて点検修理したギターたちです いずれもホーボーズ岡さんに託しました 素晴らしい仕上がりです 詳細はそれぞれのブログ記事を読んでくださいね あ~~~あの時買っておいてよかったと思います 今だと買えない(笑い) ●epiphone TEXAN 1969年 ●Martin D-18 1973年 …
コメント:0

続きを読むread more

石川鷹彦さん特集 000-28SQが帰ってきました

今回5本点検修理に出した最後の一本が帰ってきました OOO-28 SQ 1998年 修理内容はブレーシング剥がれ6箇所 と ナット、サドル、フレット調整 フレット磨き弦交換 あとバックのバイディング1箇所剥がれ修理 となりました。 同じ環境だったのにこの個体だけ6箇所もブレイシングが剥がれていました。 …
コメント:0

続きを読むread more

ちょっと休憩 少し早めのGW

ちょっと早めのGW 神奈川県民割を利用して近場の箱根に行ってきました 1日目 箱根富士屋ホテル ランチも食べました リニューアルしてから行くのは初めて。あの大工事のテレビを見ていたので、「おおこれがあれか」みたいな感じでホテルの隅々まで楽しみました それからホテルニューグランド…
コメント:0

続きを読むread more

ブログのお引越しが終わりました

BIGLOBEのブログが来年1月で終了するので seesaaブログへの引っ越しをしました 旧ブログからリダイレクトされてるのでURLを確認下さい BIGLOBEでブックマークしてる方は更新をお願いします 旧BIGLOBEブログは今後更新しません 内部リンクのURLなどは書き換えてないのでご不便をおかけしますが 何…
コメント:0

続きを読むread more

石川鷹彦さん特集 番外編 D-45黒ピックガードについて

さて、D-45のピックガードを黒に変えたわけですが あぜ丸は個人的にそれほど熱狂的な黒派ではありません とにかく2000年のピックガードは購入当初から薄っぺらな感じがしてまして、その色味も好きではありませんでした もっと濃い鼈甲模様か、いっそ黒にしたいとずっと考えてたわけです まず交換前のはこんな感じです 遠く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石川鷹彦さん特集 大人のギター倶楽部

大人のギター倶楽部 発行:ヤマハミュージックメディア 2005年7月 なぜかこの時期のインタビューでは弾き始め当時の事が語られている 例のマッチ棒でフレット作ったネックギターの話、マーチン に憧れた頃、そして大学時代にエレキとアンプを盗まれた話 不謹慎だけど盗まれて良かった 盗まれてなかったら石川さんはエルキを弾い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石川鷹彦さん特集 極楽ソロギターサウンド2009年11月号

極楽ソロギターサウンド 2009年11月号 当時発売されたヤマハLLXシリーズの試奏 なんとこれには石川さんの試奏音源のCDが付属されていてこれもなかなかレアである ここでの石川さんフレーズも痺れる 石川さんはアンプラグドでの弾き込みを一番したそうで、やはり生音にこだわっているのがよくわかるエピソードである …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石川鷹彦さん特集 中島みゆき『蕎麦屋』

石川鷹彦参加アルバムは数多く 名演も多いのですが 裏にまわった石川さんの凄さがわかるアルバム 中島みゆき史上最も暗いと評されるこのアルバムのアコギとマンドリンは本当に素晴らしい のちに斉藤和義がカバーした『蕎麦屋』は本当に名曲だと思います これを聴かずしてどうする! 個人的には中島みゆきの中で一番すごい曲だと思っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石川鷹彦さん特集番外編 マーチンのブレイジング剥がれについて

ブレイジング剥がれについての質問がありましたので書きます 今回5本のギターを持ち込みました 旧いギターは剥がれはなく90年代後半2000年は剥がれていました あぜ丸の環境は夏はエアコンのある部屋 冬も加湿しながらの保管でこの5本に保管環境の差はありませんでした 音が変わるか?ですがちょっと弾く分にはわからないと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石川鷹彦さん特集 アコースティックギター名器バイブル

アコースティックギター名器バイブル 2011年2月25日発行 毎日新聞社のムック本で広くアコギを紹介しているもの。 コロナ前には会社帰りに駅前の本屋でいつもこの手の雑誌を見つけては買い続けていましたが、在宅オンリーになって会社にも行かないので、新しいこうしたムック本は入手していません。通勤っていい事もありました(笑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石川鷹彦さん特集 1977年ポパイ!

POPEYE 1977年10月10日号 『ギターは僕らの友達だ。』 ここでの石川さんは自宅でギターを公開しています。僕自身はこの記事で初めて石川さんのコレクションを見たと記憶しています。 このPOPEYEの写真は、レコードで発売された『かぐや姫ギタースタイル』の裏面の写真と着ているものも同じで(ベルボトムにパッチワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石川鷹彦さん特集 番外編 Martin HD-28V 1999年 調整から返ってきました

今回は調整して帰還した Martin HD-28V 1999年 です こちらはブレイシング剥がれが2箇所ありました ちゃんと調べないといけませんねギターは。 ブレイジングを圧着してもらい、オクターヴを見てもらったら若干狂いがありました 以前黒澤楽器で弦高を下げてもらってるので、オクターヴ合わせるには…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石川鷹彦さん特集 番外編 Martin D-18 1973 調整から返ってきました

さて今回は Martin D-18 1973年が調整から返ってきたご報告です D-18もブレイシングの剥がれはありませんでした エリクサー弦交換とフレット錆び取り、1.2フレット高さ調整、ナット溝調整となりました それとネック裏を磨いてもらいスベスベにしてもらいました 18はかなり変わった感じで弾きやす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石川鷹彦さん特集 マーチンギターブック2

マーチンギターブック2 1998年12月30日発売 さだまさしとの対談 かなりのページを割いていて、さださんがツリー・オブ・ライフを購入しており、このギターが鳴りすぎると語っている さだまさしさんの最初のマーティンはD-35 その後ガロのマークから45を買ったが逆反りして使えなくなったという話が出てきて面白い …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石川鷹彦さん特集 マーチンギターブック

マーチンギターブック 1996年10月10日発売 この手の本が発売され出したのは92年以降のことで、それはもちろんクラプトンの『アンプラグド』が爆発的にヒットして、オールドマーチンへの関心が高まり、見捨てられていたアコギブームが巻き起こったからです。80年代はアコギは見向きもされなかった感じでした(管理人もエレキに持ち替えフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石川鷹彦さん特集 懐かしい雑誌

今回は1977年昭和52年12月15日発行 「フォークギター教室』 恐ろしくも45年前の本 笑 この頃すでに石川鷹彦が載ってるという感じで買ったのを覚えています それとマーチンの記事です この頃マーチンはまだまだ高嶺の花でマーチン工場探訪記事はこの程度でも楽しかった 「わが心のマーチンギター」の記事では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石川鷹彦さん特集 銘器の音 !

石川さん掲載雑誌シリーズ 『銘器の音』 2007年1月20日発行 アコギマガジンに掲載されてたものに特別編集が加わったアコギサウンドサンプル集 付属のCDは2枚あり様々なギターの音が聴けるように工夫されている 石川さんも演奏者の一人として所有する楽器を録音している 録音されたのは Martin D-45…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石川鷹彦さん特集 1995年当時のステージでのシステム

それではまたまた石川さん登場雑誌です THE Acoustic GUITAR 4 1996年2月22日発行 これはリットーミュージック発行なので現在のACOUSTIC GUITAR MAGAZINEの前身のもの これはめちゃレアな楽譜が満載でCSN&YとかORLEANSなんかがあるのも嬉しい ここでの石川さんはライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石川鷹彦さん特集 本物のマークホワイトブックの音!

アコースティックギターマガジン 18号 幻のギター マークホワイトブックとデヴィッドラッセルヤングを石川さんが弾く!という企画 この頃マークホワイトブックをベースとしたカオルギターを弾き始めた石川さんならではの試奏である しかもCDに音源が収められていて、素晴らしい音であるのが確認できるのに加え、石川さんならではのフレー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石川鷹彦さん特集 ギターマガジンの頃 !

今回も石川さんのインタビューです 普通の方の『ギターマガジン』編 1994年12月号 WORDS発売時のインタビュー記事 かなりアルバムについて語っています。それとやはり初期の活動についても。 楽器の開眼については 「僕はどっちかというと練習はあまりしない方だから、突然できたりする事が多いね。ドブロはおと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石川鷹彦さん特集 マーチン クラブ会報誌 石川さん登場号

WORKSⅡにおける石川さん登場雑誌の多くを資料提供しましたがマーチン クラブ会報誌については提供していませんでした ギターのMartinを所有している方はマーチンクラブに入っていますか? クラブは1989年に立ち上がりました 当初は薄い冊子から始まり一枚を折り畳んだ形の会報誌になり、その後立派な雑誌の形になっています …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石川鷹彦さん特集 公式ポスターWORDS 3rd

記憶の中ではアルバムの公式ポスターはこのWORDS 3rdしかないような気がします 直筆サイン入りです。 書斎を引っ越した時にクローゼットにしまいましたが 今はまた 大事に陽の当たらない壁に飾ってあります る 発売日 : 2001年12月19日なのでその時期のライズ会場で購入したものと思われます 記憶が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石川鷹彦さん特集 素晴らしい石川さんの音楽 吉田拓郎 名前のない川

吉田拓郎との作品の中で地味ながら石川さんらしいDVD作品 清らかな安曇野の四季。石川鷹彦の音楽とギター。拓郎本人のナレーション。それぞれが見事に溶け合った地味ながら至極の映像作品となっています 97年発売なのでWORDS2発売後の事でWORDSでのソロが反映しているのは確かでBGMとして石川さんのギター、ドブロなど素…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石川鷹彦さん特集 新曲情報!!!石川さんのギターが聴ける

石川鷹彦新録音情報 森山直太朗さんの新譜に石川さんのギターが使われています 直太朗さんのインタビューから抜粋 「されど偽りの日々」は、好みとしてはもう少し空間的に作りたかったんだけど、潔さを大事にしたくてドライにしました。というのも、このボーカルって、2012年ぐらいに録ったボーカルなんですよ。 ――え。そう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石川鷹彦さん特集 番外編 僕の Martin D-45改造解説

僕のD-45は2000年製で、20世紀ギターとして買おうと決意して手元にあります 2001年から21世紀で、「あ、今出てるの買えば20世紀のMartinじゃん」という単純な発想 高価な楽器なので改造していませんでしたが、ご存じのとおり2006年に血液がんの悪性リンパ腫になり、いつ死ぬかわからないなら欲しい形に変えようと決…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石川鷹彦さん特集 番外編 D-45が返ってきた!

Martin D-45を調整に出して戻ってきました あんまり弾いてないので オクターブ調整 と弦高調整 インストールしたピックアップ 調整 です 調べてもらったらバックブレースが2箇所剥がれていたとの事で、ちょっと他のギターも診てもらおうと思ってます。 それからピックガードを黒に変更しました 購入した時からあまり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石川鷹彦さん特集 山木康世さんとの素晴らしいアルバム

石川鷹彦さんのサポートといえば吉田拓郎の『元気です』が有名ですが山木康世さんとのこの2枚も素晴らしいです。 北海道出身の二人のアプローチはアコースティックな音作りであり、どこか雄大な感じもするのです 1982年 『泳いで行くにはあまりにも水の流れが速すぎる』 2000年 『静かに水の流れが岸をけずる』 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石川鷹彦さん特集 フラットピック!

基本的には石川さんはどんな道具でも自分の音にしてしまうのですが、フラットピックコレクションです いつもはレインドロップのものを使っていました 薄手より厚いですが標準の厚さだと思います これはいくつか石川さん本人から弾いてたものを頂いたものと、当時のグッズで購入したものです 多分石川鷹彦フラットピックコレクションはこれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石川鷹彦さん特集 さだまさしとのデュオベスト

さだまさしさんのサポートで何がベストか?と問われれば映像化作品の中では「のちのおもひに 」第三夜を推します さだまさしの『デビュー20周年記念コンサート「逢ひみての」』は、1993年11月20日から1994年3月21日まで行われました 第三夜のテーマは「生命」。石川鷹彦が音楽監督を務め、さだまさしと石川鷹彦の二人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石川鷹彦さん特集 フィンガーピックピックピック

石川さん使用グッズ カポの次は 石川さんといえばフィンガーピックです 最後は結構指弾きに回帰していましたが、やはりフィンガーピックの音は石川鷹彦って感じがしますよね アニーボールの金属製のものを使用していましたが独自の加工をしていました それについては『石川鷹彦ギターテクニック』という本でかなり詳細な解説が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

石川鷹彦さん特集! カポカポカポ!

石川鷹彦さん特集 石川さんのカポは色々変遷してきましたが、最後に選んでいたのPlanet Waves D’AddarioのNSカポです しかしPlanet Wavesっていつからダダリオになったの?発売当時は違った気がしたのですがご存じの方があればコメントください 石川さんはこのカポを気に入り、それまで使ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石川鷹彦特集 最高の映像は何か!

石川鷹彦さんの映像は多くありますがソロギター を間近で観るためには 2009年4月から5月に全9回放送された 『趣味悠々 石川鷹彦のもう一度はじめよう!フォークギター再入門』で最後に演奏されたものが最良です まずこの時期はBlu-ray画質で観れるのが一番のポイント 更に第1回から第4回までは完全ソロで演奏されていて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石川鷹彦特集 所有レア音源

石川鷹彦特集 所有するレア音源の数々… いつのまにか集まって来ていた音源 スマホに入れてないのでそろそろスマホに取り込んでゆっくり聴こうかなと思っています D-45を修理に出してからの突然の石川鷹彦マイブーム 改めて聴くとやっぱり石川鷹彦はひとつのジャンルです あぜ丸は今ではあまり古い曲を聴か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石川鷹彦特集 所有映像!

石川鷹彦特集 今回はあぜ丸の所有する映像作品のご紹介です たまに見返して初心に返りながら、ギターを弾く意欲を高めています ①石川鷹彦関連DVD Blu-ray 公式 『PREMIUM LIVE』 2003年恵比須でのライブ ②『フォークギターの伝説 石川鷹彦の世界』 NHK…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しばらく石川鷹彦特集です!

Facebook 『石川鷹彦ファン倶楽部』グループ作成記念 しばらく石川鷹彦さん特集です 譜面やWORKSなどのCDやDVDは、皆さんどうしてますか? アコギマガジンの付属などは沢山入るフォルダケースにしまっていますが出すのと探すのが面倒ということもあり、石川さんのは自分でケースを作った棚に納めています 以前無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石川鷹彦ファン倶楽部 Facebookグループを立ち上げました

石川鷹彦ファン倶楽部 のFacebookのグループを立ち上げました 管理人はあぜ丸一人です グループが存在しないのが寂しすぎて立ち上げてみました 皆さんの石川鷹彦師匠への思い入れを是非書き込んでください 自分の記憶のあるうちに石川鷹彦師匠のコンサート(ソロ)にどれだけ通ったかをメモしておきました …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルファロメオミト 丸9年目 コーティングしました

アルファロメオミト 10月で丸9年を迎えます ちょっと磨き傷が目立ち始め 磨きとコーティングをしました 地元なので奥さんの小学校からの同級生のいつものお店 うちはずっと地元なので家の外壁、電気工事、包丁の研ぎ などみんな知りあいの所に出します コーティングだけはWEBページの宣伝文句だけでは信用できず、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more